什錦鍋巴(おこげの五目あんかけ)


サクサクのおこげに熱々のあんをかけると湯気とともに

ジュー!!

と音が聞こえます。

このエンターテイメントもご馳走のひとつなんだなぁとはじめて食べた時に感動しました。
生鍋巴はイカリスーパーや成城石井などでも気軽に買えるので、お家でも再現しやすいメニューです。(もちろんおこげを手作りすることもできるんですけどね。)


<材料> 分量:2人分 調理時間:20分

生鍋巴 90g

エビ 4尾

ター菜 1/2株(150g)

パプリカ(赤・黄) 1/4個

白ねぎ 1/2本

ゆで竹の子 40g

きくらげ 10g

生姜(千切り) 1かけ

合わせ調味料 ポイント参照

水溶き片栗粉 ポイント参照

ごま油 適量

. .

作り方

【1】 水溶き片栗粉、合わせ調味料を合わせておく。

【2】 エビは背を開き、背ワタをのぞき、片栗粉、塩でもみ洗い、水気をのぞく。酒、塩こしょう少々をふる。(分量外)

【3】 ター菜は6㎝長さに切る。白ねぎは1㎝の斜め切り。ゆでたけのこは下茹でして、薄切り、きくらげは水に1時間以上つけて戻し、適当な大きさに切る。

【4】

鍋にごま油、生姜の千切りを入れて炒める。香りが立ったら、エビ、白ねぎ、竹の子、きくらげを炒める。

【5】 エビの色が変わったら、ター菜、パプリカを入れて炒める。

【6】 合わせ調味料を入れ、煮立ったら、水溶き片栗粉を入れとろみをつける。(五目あん)

【7】 揚げ油を200℃に熱し、生鍋巴を揚げる。(裏返しながら30~40秒)

【8】 熱いうちに、お皿に盛り付け、五目あんをかける。

.

★調理のコツ・ポイント★

* 合わせ調味料→水400㏄、塩小さじ1/2、中華スープの素小さじ1、オイスターソース小さじ1、紹興酒大さじ1、こしょう少々

* 水溶き片栗粉→片栗粉大さじ2、水大さじ4

* うずら卵、豚肉、ホタテ、干し椎茸、フクロダケ、白菜、青梗菜、人参などお好きな具材でアレンジして下さい。

お料理&お菓子の教室12カ月のレシピ

西宮で料理教室を主宰している佐藤絵里子です。 四季を感じて暮らしが楽しくなるような食の情報をお伝えしたいと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000