水無月


京都では6月30日に行われる夏越祓(なごしのはらえ)に欠かせないお菓子。

いろいろな作り方がありますが、今回は電子レンジで気軽に作ります。

甘納豆はスーパーのお菓子売り場などでも手に入りますが、あまり美味しいものはないように思います。製菓材料専門店(今回はコッタで冷凍のものを購入しました。)などで買ってもらう方が断然美味しいです。



<材料> 分量:15㎝スクエア型 調理時間:20分

白玉粉 60g

薄力粉 100g

砂糖 100g

水 240g

甘納豆 180g

. .

作り方

【1】 薄力粉をふるう。耐熱容器にクッキングシートを敷く。

【2】 ボウルに白玉粉を入れ水を少しずつ加えながら、ダマのないように、泡だて器でよく混ぜる。

【3】 薄力粉を入れ、ダマにならないように手早く混ぜる。砂糖を加えよく混ぜる。ザルでこす。

【4】 大さじ3を取り分け、もう一度ザルでこしながら耐熱容器に入れる。

【5】 ラップをして電子レンジ500wで5分かける。いったん取り出して、甘納豆を全体に散らす。

【6】 その上に取り分けておいた生地をまんべんなくいれ、再びラップをして電子レンジ500Wで約3分かける。

【7】 冷まして、濡らした包丁で三角形に切る。

.

★調理のコツ・ポイント★

*京都では1年のちょうど折り返しにあたる6月30日に、半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事「夏越祓(なごしのはらえ)」が行われます。

この時に食べられるのが「水無月」です。水無月は白の外郎生地に小豆をのせた三角形の和菓子です。小豆は悪魔払いの意味があり、三角の形は氷室の氷を表しているといわれています。

* 白玉粉を使うとモチモチした食感。上新粉や団子粉を使うと歯切れのよいもっちりした食感になります。

お料理&お菓子の教室12カ月のレシピ

西宮で料理教室を主宰している佐藤絵里子です。 四季を感じて暮らしが楽しくなるような食の情報をお伝えしたいと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000