塩麹ラタトゥユ

ラタトゥイユはシンプルな調味料が一番。塩麹を使って、ゆっくり蒸し煮にして、野菜の甘みとうまみを引き出していきます。

<材料> 分量:2人分(野菜計500g) 調理時間:25分

トマト 1個

ズッキーニ 1/2本

なす 1本

パプリカ(赤・黄) 各1/4個

玉ねぎ 1/4個

にんにく 1片

塩麹 大さじ1

オリーブオイル 大さじ1

エルブドプロヴァンス(あれば) 小さじ1/2

塩・黒こしょう 少々

. .

作り方

【1】にんにく、玉ねぎは薄切り。ズッキーニ、なす、パプリカは2.5㎝角。トマトはざく切り。

【2】厚手の鍋にオリーブオイル、にんにくを入れ、弱火で香りが出るまで炒める。

【3】玉ねぎを入れて透明感が出るまで中火で炒める。

【4】ズッキーニ、なす、パプリカを入れて炒める。

【5】オイルがなじんだら、塩麹を入れて混ぜ、弱火にしてフタをして蒸し煮にする。(8~10分、途中焦げないように時々混ぜる。)

【6】トマトを入れ、さらにフタをして蒸し煮にする。(3~5分)

【7】

フタをとって、お好みの状態まで水分を飛ばしながら煮る。(2~4分)。味をみて塩こしょう、エルブドプロヴァンスで味を調える。

.

★調理のコツ・ポイント★

*ラタトゥイユとは→プロヴァンス地方の野菜煮込み料理。夏野菜をにんにくをオリーブ油で炒めて、オレガノ、バジル、タイムなどの香草、唐辛子、ワインやベーコンなどの肉類を入れることもある。

白ワインとよく合い、そのままやパンと一緒に食べたりパスタソースにしてもいい。冷やしても美味しい。

*エルブドプロヴァンスとは→タイム、セイジ、ローズマリー、フェンネルなどを混合したドライハーブ。プロヴァンス地方(南仏)のハーブという意味。なければイタリアンハーブミックスやお好みのフレッシュハーブを使うといい。

お料理&お菓子の教室12カ月のレシピ

西宮で料理教室を主宰している佐藤絵里子です。 四季を感じて暮らしが楽しくなるような食の情報をお伝えしたいと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000