焼き胡麻豆腐

京都のじき宮ざわの名物料理。

お店のものはクリーミーな絶品のあんがかかっています。


レッスンでは市販の胡麻豆腐で簡単に作りました。

とろとろ熱々の胡麻豆腐はほっこりする美味しさ。胡麻味噌ダレ、わさび醤油、塩もなかなかいけますよ。


<材料> 分量:2人分 調理時間:10分

ごま豆腐 2個

片栗粉 適量

味噌ダレ コツ参照

すり胡麻 適量


* 味噌ダレ→みそ 150g ・みりん 100cc・酒 50cc ・砂糖 25g

鍋にすべての材料を合わせ、中火にかけて混ぜる。フツフツとしてきたら弱火にし、焦がさないように時々混ぜながら5分ほど煮つめる。柚子、炒り胡麻、卵黄を入れてアレンジできます。


【1】 アルミ箔は25㎝×15㎝を2枚用意し、2回折りたたみ4枚重ねにする。

【2】 ごま豆腐に片栗粉をまぶし、①のアルミ箔の上にのせる。

【3】 魚焼きグリルに入れ強火で4〜5分焼く。時々様子をみる。


【4】 うっすら焦げ目がついたらO.K. 。お皿にうつし、味噌ダレ、すりごまをかけて完成。


【5】 補足 市販のすり胡麻も直前にフライパンなどで軽くいれば風味よりよくなります。


じき宮ざわHP

お料理&お菓子の教室12カ月のレシピ

西宮で料理教室を主宰している佐藤絵里子です。 四季を感じて暮らしが楽しくなるような食の情報をお伝えしたいと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000