ビーフストロガノフ

難しそうなビーフストロガノフですが、材料をそろえればとっても簡単。

香味野菜やたくさんのきのこで旨みをアップ♪


ビーフストロガノフはピロシキと同様、日本独自のアレンジされているものが多いようですね。日本で手に入りやすい材料で日本人の口に合うのレシピが一番だと思います。


<材料> 分量:2人分 調理時間:20分

牛肉薄切り 200g  (いいお肉だとやっぱり美味しいですね。)

にんにくみじん切り 大さじ1/2

セロりみじん切り 大さじ2

玉ねぎ 1/2個(125g)

しめじ 80g

マッシュルーム 2個

エリンギ 50g

A (デミグラスソース缶 1/2缶(150g) 、水 150cc 、醤油 大さじ1・1/2 、ケチャップ 大さじ2 )

牛乳 100cc

パプリカパウダー(あれば)、塩、こしょう 適量

パセリ、クレソン 適量

ヨーグルト(まろやかな小岩井ヨーグルトがおすすめ。)

固めのご飯 またはバターライス


作り方

【1】玉ねぎは薄切り、しめじは小房に分ける。マッシュルームは4等分、エリンギは1㎝幅の斜め切り。

【2】牛肉は5㎝幅に切り塩こしょう、パプリカパウダーをまぶして薄力粉をまぶす。


【3】フライパンにオリーブオイル適量(分量外)を熱し牛肉をサッと焼いていったん取り出す。(焼き過ぎない。)

【4】同じフライパンにバター大さじ1(分量外)を入れ、にんにく、セロリを香りが出るまで炒める。玉ねぎを入れ色づくまでよく炒める。きのこを入れて炒める。

【5】Aを入れて少し煮詰める。

【6】牛乳を加え、煮立ったら牛肉を戻しいれ、塩こしょうで味をととのえる。

【7】お皿にご飯、ビーフストロガノフを盛りつけ、パセリのみじん切り、ヨーグルトを添え、混ぜながらいただく。


★調理のコツ・ポイント★

*ビーフストロガノフ→ロシア料理の一つ。牛肉・たまねぎ・マッシュルームなどを炒めてスープとサワークリームを加え、煮込んだもの。トマトやドミグラスソースを用いて煮込むものもある。揚げたじゃがいもやバターライスをそえることが多い。19世紀にロシアのストロガノフ伯爵の料理人が考案したとされる。


お料理&お菓子の教室12カ月のレシピ

西宮で料理教室を主宰している佐藤絵里子です。 四季を感じて暮らしが楽しくなるような食の情報をお伝えしたいと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000