龍眼

中国料理の前菜のひとつで、うずらの卵を竜の眼に見立てています。

おめでたいときに食べる料理です。


材料

鶏ささ身 5本 うずらの卵 10コ 焼きのり (四つ切)5枚

薄力粉、揚げ油 、クコの実、塩こしょう各7適宜

A(砂糖大さじ1/2、醤油大さじ1)

作り方

1うずらの卵は沸騰した湯に入れて4分ゆで水に取りからをむく。

2、ささ身は筋を取って、ラップに包み、麺棒などでたたいてから、端まで均一の厚さになるように薄くのばす。 塩こしょう少々する。

3ラップを広げ、ささ身に焼きのりをのせ、手前にうずらの卵を写真のように並べる。ラップを使って、手前からきっちり巻いていく。同様にあと4本つくる。 中央をくぼませると切る時の目安となる。

4薄力粉をふり170℃の揚げ油で揚げ、熱いうちにAにからめる。

5、しっかり冷まし、うずら卵の中央で切り分ける。お好みで水で戻したクコの実を添える。




お料理&お菓子の教室12カ月のレシピ

西宮で料理教室を主宰している佐藤絵里子です。 四季を感じて暮らしが楽しくなるような食の情報をお伝えしたいと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000