調理場という戦場


料理人が書かれた本で一番感銘を受けた本。


わたしが料理のお仕事をさせてもらって、ちょうど8年目となります。

「いい仕事がしたい。自分が納得できるしごとがしたい。」

という思いで続けているのですが、ときどき人並みに悩むときもあります。


ちゃんと正しい方向にすすめているのかなという焦りだったり、思うように仕事ができていないジレンマだったり、仕事に没頭しすぎて旧友が少なくなったり、、、、。


でも、いろいろ悩んでいる時にこの本を読むと、自分の悩んでいることの小ささに気づき、前に向かってただ進むだけなんだとわかります。

信念を持ち続けて努力するだけなんですね。10年でも20年でも。


斉須政雄さんは本当に素晴らしい人柄の料理人だと読んでいてわかります。

いつの日か、「コート・ドール」に行きたいと思います。

お料理&お菓子の教室12カ月のレシピ

西宮で料理教室を主宰している佐藤絵里子です。 四季を感じて暮らしが楽しくなるような食の情報をお伝えしたいと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000