きのこと蓮根と銀杏の白和え


秋の恵みをたくさん使った白和え。

美味しいだけでなく、免疫力アップも期待できる栄養満点の嬉しい一品。

三つ葉や菊菜の塩ゆでを少し入れるとさっぱり仕上がります。



<材料> 分量:4人分 調理時間:30分

蓮根 80g

お好みのきのこ 200g*

薄揚げ 1/2枚(25g)

A (だし汁 150㏄ 、みりん大さじ1/2 、薄口醤油 大さじ1/2 、濃口醤油 大さじ1/2 、酒 大さじ1 )

B (木綿豆腐 1/2丁(200g) 、練り胡麻 大さじ1 、白みそ 大さじ1・1/2 、きび砂糖 大さじ1 、自然塩 小さじ1/4 )

銀杏 適宜

.

作り方

【1】 油揚げは熱湯でさっとゆでて油抜きをし細切りにする。きのこは適当に切る。蓮根は半月切りにする。豆腐は大きくちぎって熱湯に入れ2分ほど茹でてザルにあけ水切りをしておく。

【2】 フライパンに油を中火で熱し、蓮根、きのこ、薄揚げを炒める。(2~3分)

【3】 Aを加え煮汁が少なくなるまで煮る。粗熱が取れたら冷やしておく。

【4】 Bを全てすり鉢に入れ、すりこ木でよくすり混ぜ、③の具を加えて混ぜ合わせ、器に盛る。

【5】 お好みで茹でた銀杏を添える。

.

★調理のコツ・ポイント★

* きのこはいろいろ取り混ぜると美味しく栄養価がアップする。レッスンでは椎茸2枚、舞茸1パック、しめじ1/2パックを合わせて正味200g用意します。椎茸は5㎜の薄切り、舞茸、しめじは石づきをとって手でほぐします。

お料理&お菓子の教室12カ月のレシピ

西宮で料理教室を主宰している佐藤絵里子です。 四季を感じて暮らしが楽しくなるような食の情報をお伝えしたいと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000