えびの玉子カレー炒め (クンパッポンカリー)

わたしの好きなタイ料理です。お店でメニューがあったら必ず頼みます。

カニで有名なお料理(プーパッポンカリー)ですが、手に入りやすいエビや鶏肉で作っても美味しい。

とろりと卵を仕上げるのがポイントです。


<材料> 分量:4人分 調理時間:20分

エビ(大) 6尾

A (カレー粉 大さじ1 、オイスターソース 大さじ1/2 、ナムプリックパオ 大さじ1 、タオチオ 小さじ1 、ごま油 大さじ1 、生クリーム 60cc )

卵 2個

玉ねぎ 1/6個(50g)

赤、青ピーマン 各1個

セロリ 5~10㎝

万能ネギ 1本

にんにく 1~2個

. .

作り方

【1】 ボウルにAをよく混ぜ合わせる。 別のボウルに卵を軽く混ぜる。(混ぜすぎないのがポイント!)

【2】 エビは殻をむいて背を包丁で切り開き背ワタをのぞき、塩、片栗粉(分量外)でもみ、洗い流し、水気をのぞく。

【3】 にんにくはみじん切り、玉ねぎは1㎝幅のくし型切り、ピーマンは乱切り、セロリはスジを除いて7㎜幅の斜め薄切り、万能ネギは4㎝幅に切る。

【4】フライパンに油、にんにくを入れて熱し、香りが出たらエビを炒め8分通り火を通す。

【5】 玉ねぎ、ピーマン、セロリを炒める。Aを加えて炒める。

【6】 ①の卵液と万能ねぎを加え、ゆっくり大きく2回ほど混ぜ、卵が半熟状態になったら、器に盛り付ける。

.

★調理のコツ・ポイント★

* ナムプリックパオ→焼いた唐辛子、ホムデン(シャルロット)、ニンニク、砂糖などを混ぜ合わせて作ったペースト。トムヤムクン、炒め物など様々な料理に使われ、ちょっぴり辛めの独特の甘みやコクを出すのには最高の調味料です。

* タオチオ→空芯菜炒めのレシピ参照。 なければ味噌で代用」。




お料理&お菓子の教室12カ月のレシピ

西宮で料理教室を主宰している佐藤絵里子です。 四季を感じて暮らしが楽しくなるような食の情報をお伝えしたいと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000